剣道だけじゃない高校野球でも『ガッツポーズ』が禁止!?

剣道では1本を取った後にガッツポーズをすると

【1本が取り消しになる】

ということは、色々なテレビYoutubeに取り上げられて知ってる人も多いと思います。

 

これは、剣道は『礼に終わり、礼に終わる』という言葉があり、ガッツポーズ相手に対して失礼な行為とみなされ、【1本が取り消し】になります。

 

実際に、剣道試合審判規則・同細則の中の(有効打突の取り消し)という項目で

 

規則

第27条

試合者に不適切な行為があった場合は、主審が有効打突の宣告をした後でも、審判員は合議の上、その宣告を取り消すことができる。

細則

第24条

規則第27条(有効打突の取り消し)不適切な行為とは、打突後、必要以上の余勢や有効を誇示した場合などとする。

 

と書かれています。

 

 

 

他の競技では、勝利の瞬間ポイントを取った時ガッツポーズをする姿が当たり前のように見られますが、

今回、第100回全国高校野球選手権ガッツポーズに対して審判が注意をするという一幕があったようです。

【以下、Yahoo!ニュースより引用】

創成館(長崎)との1回戦で4安打完封勝利を挙げた創志学園の先発・西純矢投手(2年)が9回を3安打も9四死球と制球に苦しみ、5失点で九回逆転負けを喫した。

 チームを夏初勝利に導いた右腕が甲子園を去った。初回三者凡退立ち上がるも、二回からリズムを崩した。五回まで毎回四死球の走者を置く苦しい投球。無四球で毎回の16奪三振を奪った1回戦からは予想できない姿だった。

 初回に球審から「必要以上のガッツポーズをしないように。試合のテンポを良くするために、早くプレートについて」と注意を受けたという。1回戦でも、ピンチを切り抜けるたびに、こぶしをつくって自らを鼓舞していたが、この試合の初回もマウンド上で雄たけびを上げていた。

 中盤からは雨も降り、狂いを生じたリズムは元には戻らなかった。投じた球数は179を数え、九回は先頭打者から2四死球を与え、逆転を許した。

 くしくもこの日は昨年亡くなった雅和さんの46歳の誕生日だった。試合後、人目をはばからず号泣した西は、「父はよく頑張った。来年戻って来いと言ってくれると思う。自分の投球ができなかったが、この経験を生かして来年戻って来たい」と誓っていた。

f:id:no-kendo-no-life:20180815233249j:plain

 今回の注意は、試合進行をスムーズに行う為の注意であったようです。

しかし、三振を奪った後などの大きな声を出してのガッツポーズは、打ち取られた打者からすると気持ちいいものではありません。

人を育てる為の野球であれば、大きな声を出してのガッツポーズなどは規制の対象にしてもいいのかもしれませんね。

 

《梶谷選手も愛用!!完全試合向け防具》

 

 

最近あまり見なくなったけど

これあると本当に便利グッ

面を着けたまま水分補給できるから!!

これからの季節は脱水症状にならないように水分補給は必須ですよキラキラ

 

 

 

牛しっぽ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛あたま

youtubeチャンネル登録も宜しくお願いしますグッ

http://www.youtube.com/channel/UCHHp_D5Q0vwvuxupwW3GcVQ?sub_confirmation=1

 

Twitter@NoKendoNoLifeで検索お願いしますグッ

 

牛しっぽ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛あたま