2018 全日本剣道選手権大会 熊本県代表は○○選手

2018.11.3に日本武道館で行われる第66回全日本剣道選手権の予選が各地で行われています。

 

今回は【熊本県予選】の結果を紹介します。

優勝  西村英久 (県警)
2位  桑野優大 (県警)
3位  村富聖気 (国士舘大教員)
    山口直広 (県警)

 

西村英久選手が5年連続熊本県予選を勝ち抜き、全日本選手権の切符を手に入れました。

 

《西村英久選手 プロフィール》

九州学院 → 筑波大学 → 熊本県警

第57回 全日本学生剣道選手権大会 優勝

〔全日本剣道選手権大会 5年連続出場〕

2015 全日本剣道選手権大会 優勝

2017 全日本剣道選手権大会 優勝

〔2018年 世界剣道選手権大会 日本代表メンバー〕

 

全日本でも活躍が期待させる選手の1人です。

先日、福岡で行われた【剣道六段審査】では見事に1発合格をしているので、このままの勢いで世界大会も日本を優勝に導いてもらいたいですね。

www.youtube.com

 

〔臭いも少ないバイオクリーン加工のA-1α〕

 

 

牛しっぽ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛あたま

youtubeチャンネル登録も宜しくお願いしますグッ

http://www.youtube.com/channel/UCHHp_D5Q0vwvuxupwW3GcVQ?sub_confirmation=1

 

Twitter@NoKendoNoLifeで検索お願いしますグッ

 

牛しっぽ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛からだ牛あたま